少年野球のピッチャーの育て方


 少年野球のピッチャーの育て方

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

投球練習

 

ピッチャーになったばかりの子供たちに
どういう指導をしていけばいいか。

 

今回はこのことに触れたいと思います。

 

基本的な投球フォームを身につけたり
走り込みをして足腰を鍛えたり。

 

これは言うまでもなく
ピッチャーの技術的な基礎になる部分です。

 

そんなピッチングの基本練習を積み重ね
それなりのボールを投げることができるようになった後
少年野球のピッチャーには
どういった心構えを植えつけていくべきか。

 

内角や外角、高め低め
という細かいコントロールよりも
まずは、ストライクゾーンに
まっすぐを投げることが大切です。

 

「コースが甘い」

などという指摘は、もっと上のカテゴリでの話です。

打たれても構わないから
ドンドンど真ん中に球を投げ込んでいけ。

 

これが、ピッチャーをのびのびと大きく育てる
指導の第一歩です。

 

まずは

「ストライクゾーンに投げることができる」

これがピッチャーに求められる最初の必要条件です。

 

そのストライクが打たれる
というのは結果論であって
ピッチャーを育てる過程では
さほど大きな問題ではありません。

 

それに、結果的には
フォアボールばかりのピッチャーより
ど真ん中ばかりを投げるピッチャーの方が
失点も少ないはずです。

バッターボックス

 

そして
安定してストライクが投げれるようになれば
次に

「ボールを低めに集める」

ことを
日々のピッチング練習の中で意識させます。

 

これも、最初の段階と同様
細かい内外のコントロールは
気にしなくても良いでしょう。

 

この段階では、それなりの

「足腰の強さ」

も求められます。

 

安定してボールを低めに集めるためには
それが必要なのです。

 

そうした日々の鍛錬の結果
安定して低めにストライクを投げることができるようになれば
もうそれだけで
少年野球のピッチャーとしては
十分に「エース」と言える存在です。

 

もちろん、そこから先も
あらゆる技術を身につけていかねばなりません。

 

しかし、あくまでも
ピッチャーの出発点は

「ど真ん中」

「低めのコントロール」

だということです。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ