少年野球のユニフォームの値段


少年野球のユニフォームの値段

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

移動

 

少年野球は非常にお金がかかるという話も多いですが、
グラブやバット、キャッチャーの防具など、
多くの用具については、チームで共有することも可能です。

しかしながら、大会などに参加するようになると、
どうしても個別に必要となるのがユニフォームです。

さすがに背番号くらいはゼッケンにして入れ替えますが、
ユニフォームもけっこうお金がかかるものです。
ユニフォームは、帽子、上着、ズボン、ソックスの構成です。

このうち、ソックスについては揃える必要がある場合と、
特に気にしなくて良い場合がありますので、
別になって販売されていることが多いです。

ソックスは大体一足あたり800~1,500円程度で、
普通のソックスより長く厚手で、足の保温だけでなく、
スライディング時の足の保護などの役割をします。

有無によって擦り傷の出来具合が変わるため、
練習時からちゃんとつけることをオススメします。

 

スライディング

 

帽子や上着、ズボンについては、
セットで8,000~15,000円くらいが主流です。
この価格はワッペンや刺繍込みの価格ですので、
作り方によっては安くも高くもなります。

また、帽子は別にして、上下だけを注文する場合、
上記から大体3,000円引きくらいの価格が多いです。

つまり、フルセットで考えると、
9,000~16,000円ほどになると考えられます。
大口で注文できればもう少し安くなるかもしれませんが、
目安はこんなところでしょう。
他のスポーツ競技のユニフォームの中でも、
野球のユニフォームは高い部類に入ります。

その理由は、まず野外で走り、滑り、転ぶため、
生地にも耐久性が求められるからです。

そして、単純に長ズボンだからです。
長ズボンを必要とするスポーツ競技は珍しいです。
そのため、生地の量が多くなってしまい、
そのためにお金もやや高くなってしまいます。

練習用の無地のユニフォームなら、
少年用は上下で3,000円前後からあります。
しかし、試合用のユニフォームと比べると、
やはり機能面では劣り、消耗品という感じです。

 

ベース守備

 

子供たちのやる気を高めるためにも重要な
このユニフォームですが、
急にお願いされると保護者も困ることがあります。

ですから、事前に保護者の方には、
ゆくゆくはユニフォーム代はこのくらいかかると、
お知らせしておいた方が、その後がスムーズです。

余計な混乱を招かないように、
チーム運営の中でもお金のことは丁寧に進めましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ