少年野球の勝ち癖は春につけておこう


少年野球の勝ち癖は春につけておこう

ホームイン

少年野球というよりも野球全般が、
メインシーズンになるのが夏から秋です。

春は様々なことが新しく始まる時であり、
エンジンがかかってくるのが夏。

そして秋には結果がある程度見えてきて、
冬は基本的にオフやトレーニングのシーズンです。

ですから夏に入る前にチームをしっかり作り、
春に勝ち癖をつけておく必要があります。
勝ち癖はいわば「勝てる雰囲気」です。

負けがこんでくると、「負ける雰囲気」が出ます。
いざという時に負けが頭をよぎるのです。

すると、大事な場面でポカをやらかしたり、
勝負どころで大胆な作戦に動けません。

結果、策なく覇気なく負けていきます。

これがメインシーズンに生じてしまうと大変です。

こんなことを言うと虎党の人に怒られますが、
阪神が弱い時は、大体甲子園シーズンに、
アウェー試合が多くなり負けが増えています。

メインのシーズンにこうなってしまうと痛いのです。

ベンチであくび
脱線しましたが、メインシーズンになる前に、
勝利のメンタルをチームに植え付ける必要があります。

そのために大事なのが春であり、
そしてもっと大事なのが今のシーズンです。

春は学年が上がるタイミングだったり、
新しい体制が決まったり浮わつきがちであり、
さらには冬のシーズンにしっかり調整できてないと、
心身ともちゃんと動いてくれません。

この状態で練習試合をこなしたところで、
ただの交流にしかならないことも多いのです。

スライディング

春に勝ち癖をつけるなら、
冬が終わるまでに調子を上げておいて、
春の試合を通して相手を倒し、
勝てるムードをチームに浸透させる必要があります。

「オレたちは強い」意識ほど、
少年野球において自発的に、
物事に真剣に取り組む雰囲気を作るものはありません。

強いことで怠けるのは個人競技の場合であり、
団体競技においてはチーム内の競争があるため、
より真剣に練習に取り組むようになります。

試合に出れれば勝利の主人公になれるのですから、
普段の練習からやる気になるしかありません。

そういった雰囲気がチームをさらに強くします。
ということで、勝ち癖をつけるなら春です。

春になる前に、しっかりチームの状態を高めて、
勝てるマインドのチームを作り上げましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ