少年野球の外野手は走り方に気を付けよう


少年野球の外野手は走り方に気を付けよう

外野手

少年野球を始めたばかりの子にとって、
外野手はなかなか難しいポジションです。

ボールとの距離感がつかみにくいこともありますし、
打球の処理を失敗した時の影響が大きいため、
周囲の雰囲気から強くストレスを感じることもあります。

また、広大な外野を3人で守ることになるため、
走ることや投げることにも強度が求められます。

そんな外野手で特に注意して見てほしいのが、
選手の「走り方」です。

外野手がボールを処理する際には、
ボールがどこに来るのかを読み取る判断力と、
そしてボールの位置に自分を持ってくる走力が必要です。

走力については、普段から走り回っている子なら、
何も問題がないのではないかと思いますが、
実はそういうわけでもありません。

その原因は、グラブにあります。

少年野球選手

グラブというのはそれなりの重量物です。
そして、ボールを取るために使用するものです。

「重たい」ということと、
「すぐ使えるようにしておきたい」意識から、
走っている時にはグラブ側の手があまり動かない、
そういう初心者は非常に多いのです。

だから、フライやゴロの処理で外野手を見る時は、
その走り方をよくチェックしてあげてください。

グラブのない方の腕に比べて、
極端に腕が振れていないことはないでしょうか。

左右非対称になるほど、走っても速度は出ませんし、
まっすぐ走ったつもりでも、ゆがんでしまいます。
それでボールの落下位置に間に合わなくなります。

普段からグラブをつけた状態で全力疾走したり、
腕を振って走るということを意識してやらないと、
悪い癖となって残ってしまいます。

外野手を育てる時は走り方をよくチェックしましょう。

外野手

外野手はその他にも、半身で下がる走り方や、
ボールの下への入り込み方など、
様々な走り方を身に着ける必要があります。

ただ足が速くて肩が強いというだけでなく、
長距離を移動しながら基本的なフットワークが使える、
そういう人を選ぶことがポイントです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ