少年野球の守備は連携を大事にしよう


少年野球の守備は連携を大事にしよう

少年野球守備

野球は非常に広い面積を9人で守らなければなりません。

そのため、守備をする時は個人の能力だけに頼らず、
仲間と連携して守ることが必要となります。

そのために大事なことが「仲間を見る」ということです。

仲間を見る意識が連携を作ります。

最も連携をする機会が多いのが二遊間です。

ゲッツーを取るシーンでは、
一二塁間に飛んだ打球を、セカンドが横っ飛びし、
素早くショートに渡してショートが二塁ベースを踏み、
一塁に送球するという形が多く見られます。

これをもし一人でやるとしたら、
セカンドは打球に飛びつき、反転して二塁に向かい、
また一塁に向き直して送球しなければなりません。

この時、倒れているなど、セカンドが投げにくい体勢なら、
ショートはより近づいてフォローします。

するとグラブトスでもボールを渡せるようになり、
できるだけ速くボールを動かせるようになります。

機械的に形を决めておくのは難しくないですが、
やはり臨機応変さを求めるなら仲間を見る必要があります。

少年野球守備

外野からの中継プレーも、最初は難しいものです。

肩の強い子であるほど、状況判断をせずに、
そのまま投げたい塁に送球してしまいがちです。

中継に入っている選手の位置を見ていないために、
自分の力でなんとかしようとしてしまうのです。

中継を使った方がランナーに牽制ができるなら、
まずは中継を使うべきです。

外野からの中継プレーは、
内野における連携プレーと比べると機会も少なく、
また華がないと思っている人も多いですが、
守備力のあるチームほど中継意識が高いのです。

少年野球守備

少年野球の守備は連携を大事にしないと、
個人の能力に頼った守備になってしまいます。

個人が守れる範囲も、また投げられる距離も、
どうしても限界があるものです。

だからこそ、仲間の能力や状況を踏まえて、
任せたり任されることを意識しましょう。

「チームワーク」とは目的に向かって、
「チーム」が「ワークする(働く)」ことです。

仲良しだからと言って連携ができるのではなく、
互いのことを知り、認め、協力してこそ可能です。

自分にできること、してほしいこと、
互いに伝え合って、日頃から連携を深めましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ