少年野球の指導法は引き出す指導


少年野球の指導法は引き出す指導

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

工藤公康野球教室

少年野球の指導法があるとしたら、引き出す指導だと考えます。

少年野球チームの練習風景を見ていると、

「しっかり打て!」
「ボールを良く見ろ!」
「マジメにやれ!」
「それじゃあ試合には出れないぞ!」

というような怒号飛び交うチームも少なくないのが実情です。

こういった指導法はよくありません。

 

文字にすると、「そうだそうだ当然だ」と思うものですが、
現場に出てみるとついついこういう言葉が口をつくという人も多いです。

 

覚えておきたいのは、こういう指導をすると、
子供たちは指導者の顔色を見ながら野球をするようになるということです。

野球が上手くなりたいという心よりも、
指導者の気に入るようにその場をこなす、
そういう選手になってしまいます。

もちろんそれは監督やコーチの気に入るでしょう。

試合にも出る機会は増えるでしょう。

ただ、野球選手としてはイマイチです。
指導者が変わるたびに挫折しかねません。

 

本当に良い指導というのは、「強くなれ!」ではなく

「強くなりたいと思わせる」指導です。

こういった指導ができる人は少ないのです。

野球は多くの人が見て、評論して楽しんでいますが、
少年野球は自分の監督論を表現するための場ではありません。

子供たちが野球を楽しみ、成長し、真剣勝負を経験する場です。

主役はあくまで子供たちであり、その成長を支える人が指導者です。

しかしながら、指導者がこうあってほしい姿を押し付ける人が多いです。

 

「できないことを叱る」のではなく、

「できるようになりたいと思わせる」、

それが少年野球の指導者の腕なのです。

 

「しっかり打て!」ではなく、

「ミートがしっかりしたら飛距離が違うはずだ!」、

 

「ボールをよく見ろ!」ではなく

「選球を磨けばレギュラーは近いな」、

 

「マジメにやれ!」ではなく

「集中したらもっとできるんじゃないか?」、

 

「それじゃあ試合に出れないぞ」ではなく

「これができたら試合に出れるぞ!」と、

 

そのように言葉をかけるべきなのです。
ミーティング

何が違うんでしょうか。

見ているところが違います。

自分中心の指導者は、「現在」を見て、指導ではなく「評価」をします。

上手な指導者は「現在」を見て「未来のビジョン」を子供に与えます。

これが「指導」です。

 

やる気はどこから出てくるか。

成功している自分の姿しかありません。

自分に叱られてやる気が出る、
反発心でも伸びると考えている人はエゴイストです。

少年野球の指導法は「未来のビジョン」を与え、
「上手くなりたい」という気持ちを引き出すこと。これに尽きます。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ