少年野球は上手な人に学ぼう


少年野球は上手な人に学ぼう

少年野球チームメイト

少年野球で上達するためには、
上手な人に学ぶことがとても大切です。

上手な人と言っても、野球が上手な人とは限りません。

教え上手、おだて上手な人に学ぶのが一番いいのです。

キャッチボール指導

教え上手な人というのはどういう人かと言うと、
教える際に具体的に教えてくれる人です。

「バットをこう振ったらこうなるでしょ」ではなく、

「バットを短く持って振ったら当たりやすい」のように、
言葉の中で曖昧な言葉が少ない人です。

「名選手、名監督にあらず」という言葉もありますが、
野球が上手な人の中には、本当にセンスでやっていて、
特に何も考えてなくても自然に良い動きができる人もいます。

そういう人に習おうとすると、
「何でできないの?」という顔をされてしまい、
余計に楽しくなくなってしまうので注意しましょう。

少年野球ハイタッチ

おだて上手な人に学ぶと、とにかく楽しいです。

上手にできた時が良くわかりますし褒められるので、
何度も何度もやってみたくなります。

気が滅入った状態で練習をしても伸びません。

特に少年期は楽しいことに集中力が増すため、
何かをつかみ、伸ばすなら楽しむ中が一番です。

とにかくおだて上手、褒め上手で、
一緒に練習していて楽しい人がいれば、
その人から野球を学べると伸びやすいです。

チームメイト

もちろん、大前提としてある程度野球を知っているべきですが、
野球を知っていても、こうした指導ができる人は、
大人でも多くはありません。

むしろ子供たち同士の方が上手に教えていることもあります。

チームの運営のためには、教えるのが上手な子を見抜き、
上手く教育係にもしてあげることです。

教えるのが上手な子は教えながら良く考えるので、
教えつつも本人も良く伸びるようになります。

そうしてチーム全体が強くなっていくのです。

チームに教えるのが上手な人はいますか?

大人だろうと子供だろうと、
教えるのが上手な人がいるチームなら、
きっと少年野球選手たちも成長が早くなります。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ