少年野球は何をしたら上手くなる?


少年野球は何をしたら上手くなる?

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

ベンチ

 

「少年野球は何をしたら上手くなるのか?」

こういったお悩みを持っている方も多いと思います。

この問題には解答も多くあると思いますが、
ひとつ挙げるなら、「目的を言葉にすること」でしょう。
悩んでいるからこそ、質問も曖昧になります。

上手くなるために何が必要なのか見えている人は、
もう少し具体的な質問をします。

たとえば、

「どうやったらセンター返しが上手くなるのか?」

「内角にストレートが決まらないのはどうしてか?」

「捕球からスローイングが安定させるには?」

といった具合です。

その場合は、もっとやるべきことが明確です。
少なくとも、センター返しが上手くなるために、
毎日キャッチボールを頑張ることは無いでしょう。
みんな、野球をするからには野球が上手くなりたいです。

ただ、「野球が上手い」という概念自体が曖昧です。

イチローとダルビッシュはどちらが上でしょうか。

打撃はイチロー、投手ではダルビッシュです。
土台が違うのですから当然です。

なのに、少年野球になるとみんな一括りに、
「野球が上手い」を目指してしまいます。

名選手と言われる選手は、野球が上手いのではなく、
求められるポジションで求められる結果を出した人です。

何をしたら野球が上手くなるのか。
それは何を目指すのかによって異なります。

 

強打者

 

だからこそ、まずは目的を言葉にしましょう。

「最強の1番バッターになる!」

「鉄壁のショートになる!」

「先発完投できるピッチャーになる!」

「盗塁王にオレはなる!」

明確にイメージの湧くところまで言葉になれば、
足りないところも練習すべきことも見えます。

そして、それを元に練習したり、アドバイスをもらい、
目的を効率的に達成していけばいいのです。

だから、まずは言葉にすることが大切。

カッコいい野球選手は、良い言葉を口にします。
それは、彼らが絶えず考えていることの証です。

少年野球選手たちも、自分が聞いて火が点くくらい、
カッコいい言葉で自分のイメージを明確にしましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ