少年野球も明確に目標を立てよう


少年野球も明確に目標を立てよう

ストップウォッチ

先日、日ハムの清宮選手がプロ入り初の本塁打を放ちましたね。

「この選手はすごい」

と、高校時代のバッティングを見た時に感じましたが、
やはりプロ入り後も堂々とその実力を証明しています。

清宮選手は常に目標をしっかり持って練習やプレーに励み、
それを実現させてきて今に至っています。

少年野球選手も、明確な目標があると伸びやすくなります。

打席

清宮選手は、何歳になったらどうなる、という具合に、
年齢ごとの目標をしっかり持ってやってきています。

今も、3年後までにメジャー長距離砲の平均レベルの筋力を作り、
5年後にはメジャートップクラスの筋力を目標に、
肉体づくりを行っているそうです。

同様に、少年野球をする中でも、しっかり目標を持つことが大切です。

身近な所では、ベースランニングのタイムであったり、
遠投の距離、バッティングの飛距離、
ウェートトレーニングや自重トレの回数など、
様々な形で目標は作れるはずです。

今ソフトバンクで監督をしている工藤公康さんは、
プロになってアメリカのキャンプに参加した際に、
科学的にトレーニングが行われていることに驚いたそうです。

それから科学的なトレーニングを行うことで、
40歳を大きく超えても現役の第一線でプレーを続けました。
肉体の衰えに負けなかっただけでなく、
ずっと第一線で戦い続け、優勝請負人とまで言われました。

ノート

科学的というのは、栄養学やスポーツ科学を取り入れた、
ということだけではありません。

科学的のひとつの指標は「数字化できる」ことです。

「速い球を投げる」ではなく「100km/時の球を投げる」です。

目標を設定するとき、目標が曖昧ではいけません。

「100回捕るまでノックを続ける」よりも、
「100本中何本捕れるか」を意識させることが、
より伸びるためには必要です。

少年野球を頑張る選手たちも、教える指導者も、
数字と目標をしっかり持って、与えて、
レベルアップの糧にしていくことが大切なのです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ