少年野球選手 ミスした子どもへの伝達法


少年野球選手 ミスした子どもへの伝達法

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

いったん試合が始まってしまえば、
試合が終わるまでに、いろいろなことが起こり得ます。

誰がいったのか「野球は筋書きのないドラマ」とは
まさに的を得た言葉で、予想だにしないプレーが
突如として起こることもあれば、
エラーや三振、バント失敗などのミスだって
野球にはつきものです。

 

IMG 0614

 

とくに攻撃、守備機会を問わず、
子どもたちはたくさんの失敗をすることでしょう。

監督やコーチは、攻撃時に送りバントの場面で
「きっちり送ってほしい」
と願ってサインを出したところで、フライを上げてしまったり、
あるいは守備側のとき、2アウト満塁のピンチの場面で
相手バッターがショートゴロを打って、
「よし、チェンジだ」と思いきや、見事にトンネルをしてしまったり……

こんなことは往々にしてあるかと思いますが、
ここで大切なのは、
「試合中は子どもたちにあまり難しいことや
細かいことをいわないようにする」ことが大切です。

 

IMG 1170

 

たとえばバントを失敗してベンチに戻ってきたとき、
「もっとボールを引きつけて、バットをこう動かして
3塁側を狙って転がせよ」
などとジェスチャーを交えて説明したところで、
いわれた子どもは間違いなく混乱します。

ただでさえ、失敗してショボンと落ち込んでいるところに
追い打ちをかける言葉は、マイナスになることはあっても、
プラスになることは何一つとしてありません。

こんなときは一言二言で簡潔に、
「バントしたとき、バットのヘッドが下がっていたぞ」
というように、わかりやすく伝えるだけでよいのです。

 

IMG 1816

 

もちろんこれは守備のときも同様で、
先のタイムリーエラーをしてしまった子に対しても、
あれこれ技術的なアドバイスをするのではなく、
「ボールを取りにいった際の腰が高かったぞ」
とシンプルに一言だけいえば、子どもたちも
「はい、次から気をつけます」
と素直に聞き入れるものです。

細かい技術指導は練習のときで十分。
この場合ですと、試合後に送りバントや守備練習を
徹底してやらせたときにお手本をみせてあげるとか、
もっと理論的な言葉でアプローチしてあげればよいのです。

練習は細かく注意し、試合ではシンプルな言葉で伝えること。
監督やコーチはこの点を使い分けて、子どもたちの指導にあたるように
してみてください。
 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ