少年野球選手とグラウンドまでの距離


少年野球選手とグラウンドまでの距離

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

グラウンド

 

大人になればあまり気にならないことでも、
子供のうちはけっこう気になることがあります。

個人的な経験から言えば、グラウンドまでの距離は大事です。

多くの場合、学校などの運動場を借してもらって練習しますが、
学校まで遠い子と、近い子にはハンデがあると思っています。

練習時間によっては、一度帰宅してから行くでしょうが、
その際に体力と時間が使われてしまいますから、
それだけハンデになるのです。

 

ウォーミングアップ

 

ハンデになるというのは、ひとつはパフォーマンスです。

特に低学年になるほど、移動に時間と体力を必要とします。

疲れた状態で練習に臨めば、最初は問題ありませんが、
時間の経過と共に、集中力の低下や、動きの質の低下が目立ち、
監督やコーチに充分なパフォーマンスを見せられません。

こういうことが蓄積して評価を落とす、
そういうケースは多々あると思っています。

また、これが一番の問題だと個人的に思っていますが、
移動のために体力や時間を奪われてしまい、
自主的な練習をする時間が無くなることです。

練習が終わっても、時間制限のないグラウンドであれば、
暗くなるまでそこで遊んだり練習する子は多いです。

家とは違って広大なグラウンドだからこそできる、
そういう練習は遠投やノックなど色々あります。

そういった練習をする機会が、家が遠い子ほど、
少なくなる傾向があるのは間違いありません。

そして、帰宅しても暗くなっていたり、遅い時間なら、
それ以上、家で練習などをすることもできないでしょう。

それが体力や技術の差となっていくのは当然です。

チームワークやチームメイトとの関係にも影響します。
特殊な時間を一緒に過ごした仲間は尊いものです。
一緒に居残り練習を頑張る子たちはたいてい仲良しです。

また、時には練習の参加度合いにも影響することになり、
少しずつの差が蓄積して大きな差になることもあるでしょう。

そういう意味で、練習上までの距離が遠い、
これは大きなハンデだと感じるのです。

門限に厳しいご家庭なら尚更それが大きくなるでしょう。

 

少年野球教室

 

家が遠いのは、必ずしもハンデではないという見方もあります。

練習した後に帰りが一緒になれば仲良くなりますし、
普段から長距離の移動を重ねれば体力もつきます。

そういう面は確かにありますが、
これはスポーツにおけるチームワークや体力とは別物です。

毎日ジョギングで移動したり、
アップダウンのある道のりであれば別ですが、
平地を歩いて移動する分にはたいした違いはないでしょう。

そうでなければ、体育の成績がいい子は、
みんな家の遠い子ですが、そんなことはまずありません。

家が近くても、それだけ活動しなければ、
それだけの運動能力にしかなりませんから、

最終的には運動量や運動の質が大事になるのですが、
運動量はともかく、質を高めるためには、
それに適した環境が必要だと思っています。

近所に公園があって、同年代の友達がいて、
一緒にいつも走り回って遊んだりスポーツできるような、
そういう環境が理想的だと思っています。

 

少年野球

 

こういったハンデを少しでも埋めるためには、
保護者の方々も頑張るしかありません。

そのための行動のひとつが「送り迎え」です。

送り迎えの目的は、子供の安全を守ることが第一ですが、
もうひとつ、子供の時間を守ることもあります。

少しでも少年野球選手たちが、良い時間を過ごせるよう、
そのためのバックアップをしてあげることです。

帰宅するための体力を考えれば、
どこかで練習中に手を抜くこともあるでしょう。

逆に頑張りすぎて疲れきったときに、
だんだん日が落ちて暗くなってきたときは、
気持ちも不安ですし、門限も気になり怖いものです。

特に秋から冬は日が落ちるのも早くなりますので注意が必要です。

そういった手抜きや不安を少しでも軽減できる、
それは保護者や周囲の大人にしかできないことです。

保護者の方々も夕食の準備など様々家事もあり、
お風呂や洗濯ものの片付けなどすべきことは多いです。

親世代は子育ての他にも忙しいほどは山ほどあり、
わかっていても実践するのは簡単ではありません。

それでも、子供の過ごす時間の量や質についても、
少しだけ目を向けてあげてください。

グラウンドまでの距離があるご家庭なら、
週に1回でも月に1回でも、送り迎えをしてあげてください。

それはきっと子供の成長で返ってきます。

子供たちも感謝して、
少年野球をより頑張ってくれるでしょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ