少年野球選手の体幹は使ってこそ強くなる


少年野球選手の体幹は使ってこそ強くなる

キャッチャー

スポーツをする上で、パワーやスピード、バランスを支え、
競技力を向上させるためには体幹の強さが必要です。

この体幹の強さは、少年野球世代でも大きく差があります。

その最大の理由は、運動の仕方にあるのです。

体幹を簡単に言えば、胴体のことです。

頭や両腕、両足を除いた胴体部分の様々な筋肉こそが、
体幹の強さを左右しています。

実は体幹というのは体を使って運動していれば、
自然に刺激されて強くなっていきます。

体幹は胴体の強さのトータルバランスとも言えるため、
腹筋ばかりしていれば強くなるとは限りません。
背筋なども同様です。

インナーマッスルを鍛えることが体幹を鍛えることと、
そう考える人もいますが、インナーマッスルすら、
体幹のひとつの要素にすぎません。

そのため体幹を鍛えようとして鍛えるためには、
かなり高度な筋肉や運動についての知識が必要なのです。

少年野球選手

運動の仕方で体幹の強さが変わると言いましたが、
その理由は、体幹は運動をしていれば自然に刺激されるからです。
特に体の成長が著しい少年野球世代では顕著です。

しかし、より体幹を使って運動をしている子と、
体幹をあまり使わずに運動している子とでは、
その発達具合に大きく差が出てきます。

体幹を使って運動するためには、
できるだけ体全体を使って運動をすることです。

ボールは手だけでも投げられ、手首だけでも投げられます。
しかし、それだと体幹は強くなりません。

バットも「手打ち」と言われる腕だけで振る形では、
体幹への刺激もそこそこで終わります。

送球

体幹を強く作りたければ、
全身がいつも連動して動くようにすることが大切です。

走る、投げる、跳ぶはスポーツの基本ですが、
これらは全身を使い、体幹を鍛える効果があります。

また、準備運動を適当にする子は多いものですが、
体操というのは体の多くの部位を動かすため、
体幹にも良い刺激がたくさんありますので、
体幹を鍛えたいならしっかり行うべきなのです。

様々な運動をする際に全身を使う意識を持つこと、
それが体幹を鍛える一番の基本なのです。

毎日のちょっとした違いが大きな差になりますから、
日々全身を使って体幹を強くする意識を持ちましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ