新しい軟式野球のボールM号球について


新しい軟式野球のボールM号球について

中学の軟式野球では、今年度からボールが変わります。

新しいボールの種類は「M号球」と言われていますが、
このボールは何がどう違うんでしょうか。

まず、ボールが変わった経緯なのですが、
高校から硬式野球に移行することが多い日本において、
硬式野球へのスムーズな移行が求められていました。

加えて、従来の日本人の体格を考慮して作られたボールから、
現代のより体格の大きくなった小中学生に、
適切なボールで野球をしてもらう意図があります。

そのため、ボールの規格としては、従来と比較して
「やや大きい」「やや重い」「弾みにくい」
という特徴があり、より硬式球に近づいています。

現行のB号球から変わりますので、
できればボールも分けて管理しておくことをおすすめします。
ボールに「M」と書いてあるので、わかりやすいと思います。

規格が変わりますのでM号球を使う場合、
ピッチングマシンなどではきちんと動くかどうか、
注意しておく必要があります。

少年野球バッター

このボールになることによって予想されるのが、
硬式野球で良く言われる「打撃重視」の展開になることです。

また、軟式球の頃にはバウンドを利用した
内野安打などが出やすかったのですが、
弾みにくい特性から内野安打は減るでしょう。

その代わり、打球速度は速くなると言われていて、
内野手にはより素早い反応が求められます。

昔から高校野球の指導者の間では、

「軟式野球出身者は腰が高いことが多い」

という声があったのですが、軟式球はよく跳ねるため、
それを捌くためにやや腰を浮かせることがありました。

しかし、この新しいボールではより硬式球に近く、
速い打球が低いバウンドで飛びますので、
守備ではやや腰を落とすことを意識する必要があります。

守備練習

数字上はわずかな変化であり、
気にしない人は気にしないでしょうが、
わずかな差が大きな違いを生むのが野球です。

いきなり必要数をそろえるのが難しいとしても、
試合前にはできる限りM号球を使った練習をしておきましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ