芯でとらえるバッティング


芯でとらえるバッティング

 

ティーバッティング

 

バッティングにおいては、芯でとらえることが大切です。

しかし、この「芯」はどこにあるのでしょうか。

芯に当たれば飛ぶ、芯に当たると力負けしない、
それは確かにそうですが、感覚で知るだけでなく、
ちゃんとわかることも大切です。

 

バットの芯を一言で表現すると、
バットの中で「振動しない」部分と言えます。

ボールが当たる瞬間、バットとの衝撃によって、
ボールも多少変形しているそうですが、
この衝撃を与えているバットもまた無事ではなく、
微妙な振動(歪んで戻る)が生じているのです。

この振動があると、力が逃げてしまうので、
反発する力が弱くなります。

壁とクッションにボールを投げた時、
どちらが反発するかを考えればすぐにわかります。

バットの芯はこの壁のようなもので、
振動しないからこそよく反発して打ち返すのです。

 

少年野球バッティング

 

芯でとらえる練習をするには、芯を意識することです。
そのために、バットに印をつけてみると良いでしょう。

芯を探すには、バットのグリップをヒモで吊るして、
バットの芯のありそうなところを叩いてみましょう。

振動数が大きいほど高い音がするので、
一番低い音がするあたりがバットの芯です。
そこにシールやテープで印をつけておきましょう。

また、実はグリップ側にも芯があります。
この芯をしっかり握っていないと、
インパクトの際に自分の力が伝わりません。

この位置を探して、しっかり握るだけでも、
打球の性質が変わります。

 

少年野球のバッティング練習

 

さて、練習としては、まずはトスバッティングや
ティーバッティングなどが最適です。

芯に当てることを意識し、芯に当たった時と、
そうでない時の違いを身体に覚えさせます。
これはバットが変わったら必ずするべき練習です。

芯に当てる感覚がついてきたら、
コースを色々変えてみて、
それに合わせてバットを出していきましょう。

どんなスイングをすると芯に当たりやすいのか、
それは人それぞれなので、自分で確かめます。

スイングを種類を変えても芯でとらえられるのが
理想ではありますが、徐々にで構いません。
ボールをよく見ても、芯でとらえられるとは限らず、
微妙なリーチの違いは感覚に頼るしかありません。

ですから、バットを振って芯に当てる、
この感覚を磨くには繰り返し練習するのみです。
人間の感覚の精密さには驚くばかりで、
練習していると芯で当たることがどんどん増えます。

感覚は繰り返すことで磨かれますので、
芯を意識してバッティング練習をしましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ