軟式少年野球はバウンドに注意


軟式少年野球はバウンドに注意

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

守備

少年野球では軟式野球のところも多いですが、
軟式野球では特にバウンドに気をつける必要があります。

軟式球というのは、硬式球とちがって、
よくはずんだり、またボールが軟らかく、
高い位置からのバウンドだと形状が変わったりして、
思わぬ方向にはねたりします。

そのバウンドを上手く処理できるかが守備力に直結します。
バウンド処理の基本は「地面に近いところで処理する」です。

ボールがバウンドする直前、もしくは直後を狙います。

最初はなかなか難しいものですが、慣れてくると、
上手くすくいあげてそのままリズムよく送球できます。

地面近くを狙う理由は、地面から離れる分だけ、
位置がズレてしまいやすいからという理由と、
ボールのスピードの変化が少ないからです。

ですから、まずは捕球する高さ、位置に気を遣いましょう。

守備
そして、守備練習の際には、ゴロ以外はワンバウンド処理を
意識するようにしてください。

打球にもよりますが、ツーバウンドになると、
時間がかかって打者が進塁しやすくなります。

とりあえずゴロを叩きつけて打つことの多い軟式では、
こうした打球をどう処理するかで局面が変わります。

高いバウンドの球が落ちてくるのを待っている間にも、
ピンチは広がっていると考えて、
できるだけ早く処理するように心がけてください。
早い処理のためにも前に出る意識が大事ですが、
バウンドによっては前に出すぎると、
頭上を越えてしまうこともあるので、
そのあたりはボールをよく見て判断してください。

このあたりは経験やカンも大事ですので、
練習中から様々なボールを意識してノックの球を
出してあげてほしいと思います。

少年野球守備
軟式少年野球ではバウンド処理がゲーム展開に
大きく影響を与えますので、
捕れる捕れないではなく、バウンド数にこだわり、
その処理スピードにこだわって練習しましょう。

強いチームは、ノッカーが様々な種類の打球を出して、
それをこなしていく中で守備が上達しています。

ぜひ、ノックを出している監督やコーチも、
様々な打球を使い分けられるよう研究してみてください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ