遅いボールを打つバッティング練習


遅いボールを打つバッティング練習

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球バッター

 

夏の高校野球で話題になってましたね。

「超スローボール」

を投げるピッチャー。

 

あれは極端な例にしても
ピッチャーによって

「球速の差」

というものがあります。

 

もちろん、意識して
スローボールやスローカーブを
織り交ぜてくるピッチャーもいます。

 

速いストレートを打つのも難しいですが
案外、遅い球を打つのも難しいものです。

 

簡単に打てそうなんですけどね。

 

難しい理由はいくつかあります。

 

まず、球自体が遅いと

「バットに当てた時の反発力」

が期待できません。

 

壁に向かってボールを投げる時のことを想像すると
意味は理解してもらえるでしょう。

 

ゆるく投げると
壁から跳ね返ってくるボールも
ゆるく返ってきます。

 

あれと同じですね。

 

スローボールを
目いっぱい力強く打っても

「思ったより飛ばない」

という結果が多いものです。

 

そう、この

「目いっぱい力強く」

というのも
スローボールを打ち損じる
原因のひとつなんです。

 

空振り

 

スローボールが届くまで待つ間
タメを作り過ぎて

「力んでしまう」

のですね。

 

スローボールによって
スイングが崩されているわけです。

 

そんな遅いボールを打つ時のコツは

「ボールをよく見る」

ことです。

 

「そんなこと当たり前じゃないか」

と言われるかもしれません。

 

でも、このバッティングの呪文みたいな言葉。

こう言ってしまえば何ですけど
実際に、速いボールをミートの瞬間まで見るのは
ほとんど不可能に近いことなんです。

 

でも、遅いボールなら
ミートの手前のギリギリのところまで
見ることができます。

左バッター

 

そして、軸足とテークバックで

「タメ」

を作りつつ
それでいて力まずに
センター返しを意識するのが
スローボールをきれいに打つコツでしょう。

 

そもそも、スローボールに限らず
少年野球のバッティング練習では
こういったことが基本になるのかもしれません。

 

遅い球を打つ技術の中には
バッティングの

「キモ」

が詰まっています。

 

変化球を打つ技術も
この応用です。

 

ぜひ、少年野球のバッティング練習にも
取り入れてもらいたいと思います。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ