雨天の少年野球


雨天の少年野球

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

雨

 

少年野球について、たまに誤解されることがあるのですが、
雨天であれば練習や試合は中止になるものと考える人がいます。

しかし、これは大間違いです。

よほど雨が強く、
グラウンド側が使用を拒否したり、
プレーの続行が難しいと主審が判断しなければ、
基本的に少年野球の試合は行なわれるのです。

そして、雨天時に試合があるということは、
雨天の際を想定して練習をする必要があります。
そのため、少々の雨では少年野球の練習も休みません。

プロ野球でも雨の中試合が行なわれていますが、
少年野球では大会などでは日程がよりシビアなため、
少々の雨が強くても構わず行なわれることもしばしばです。

 

スライディング

 

こういった状況があるのですが、
正直に言って、親の立場からはいい迷惑でしょう。

子供たちは風邪を引くリスクを背負いますし、
当番に当たれば雨でも行かねばなりません。

試合なら、車を出さなければなりませんが、
運転も気を使いますし、また車の汚れるのも気になります。

お母さんたちは、ユニフォームの泥やシミも心配でしょう。

野球道具の傷みも早くなりますし、
雨天時に練習をするのはやめてほしい、
そういう声を耳にすることもありますし、
雨天時には子供を欠席させる家庭もあります。

 

バッティング指導

 

こういったことは十分理解した上で言いますが、
雨天での練習は絶対的に必要です。断言できます。

もちろん、雨天なら室内練習が中心になりますが、
できる限りはグラウンドに出て練習をするべきです。

雨の日は、何よりボールが滑ります。
これは守備の際には非常に大切なことであり、
またピッチャーにとっては死活問題です。

雨で濡れたボールを普段通りに投げるのは、
余程慣れていないと無理でしょう。

また、守備は非常に難しくなります。

まず、ボールが見えにくくなります。
特に外野フライは雨が強いととても見えにくいです。
これはある程度慣れておかないと失敗します。

次に、ボールのバウンドが変わります。
簡単に言えば跳ねなくなるので、
それに合わせて捕球を考える必要があります。
最悪の場合、水溜りでボールが止まります。

跳ねたり転がっているボール以上に、
静止しているボールというのはグラブで捕りにくいため、
試合本番ではなく練習で経験しておきたいところです。

その上、芝が敷いてあるグラウンドであれば、
芝の上でボールが滑ることもあります。

雨天時にはイレギュラーバウンドが多くなるため、
プロレベルでもミスが増えるもので、
少年野球ならなおさらです。

 

野球練習

 

バッターも大変です。
水を吸った軟球は重くなり、反発力も下がるので、
普段以上にミートと押し込む力が必要になります。

また、バッターボックスがぬかるみ、
しっかりと踏み込めなくなる場合もあって、
ミートしても力が伝わらなくなることもあります。
バッティングフォームも崩れやすいです。

そして、打った後も走塁が難しくなります。
スパイクは泥を掴んでどんどん重くなるため、
非常に走りにくく、そしてベースを回る際にも、
より技術が必要になります。

グラウンド状態が悪い中でも練習をしていないと、
雨天時はなかなか対応が難しいものです。

強いチームはちゃんとやっているもので、
中堅チームくらいだと晴天時と雨天時の成績に
大きな違いが出たりすることもあるでしょう。

ですから、雨天の際には室内で筋力トレーニングや、
シャドーピッチング、素振りといったものだけでなく、
グラウンドに出て練習するべきなのです。

準備や後始末に非常に気を遣う雨天の少年野球ですが、
雨天だからこそ、コンディショニングの必要性を、
しっかり教える機会にもなります。

帰宅後はしっかりお風呂に入り、体を冷やさない。
そして、使った道具はちゃんと手入れをする。
そういった習慣をぜひ身に着けさせましょう。

また、雨天の中でも野球をさせてくれる、
そしてバックアップしてくれる家族に、
感謝の言葉があってもいいと思います。
バックアップしてくれる関係者の気分を整える、
これも立派なコンディショニングじゃないでしょうか。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


One Response to “雨天の少年野球”

  1. […] 【関連エントリー】 – 足が速くなる少年野球の基本練習 | Count 23 blog – 少年野球のゴロ捕球の基本 | Count 23 blog – 雨天の少年野球 | Count 23 blog […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ