強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球楽しんでいますか?



野球は楽しいです。

「知ってるよ」「当たり前だろ」
と言われそうですが、本当に楽しく野球をやっていますか?

おこられてばっかりで・・・と言う選手もいると思います。

友達と一緒に笑いながらしている
これも一種の「楽しい」ですが、これはちがいますよね。



上達する喜び、できるようになる楽しさ
と言うものを常に感じてほしいのです。

ほんの小さなことでよくて
上達は小さな「できた」の積み重ねです。

ヒットが打てた、打てなくてもいいスイングで振れた
ファインプレーをした、ゴロが取れた

なんでもかまいません。小さなことでいいのです。



家での素振りでもそうで、思ったようなスイングができたでいいんです。

できなければ納得いくまでバットを振って

できなかったことを喜びにかえたらいいのです。

この積み重ねこそが上達する第一歩です。

教えられて一本でもいいあたりが出たとします。
選手はにやけた顔でこっちを見てきます。



この時の気持ちです。この楽しみが多くなればなるほど上達します。
練習、努力は必ず力になるのですが
継続しないと力にはなりません。

毎日の練習やその努力を継続さしていくためにも
喜びや楽しみが必要になります。



練習する、できるようになる、喜びになる
もっと練習する、結果がでる、喜びになる
もっと上を目指し練習する

というプラスのスパイラルを作ることが上達する近道です。


しかし時にはスランプもあります。
悩んで、悩んで、悩みます。
苦しいですがそこから脱出したときの喜びは
とてつもなく大きいですよね。

スランプですが、面白いことをいうコーチがいました。
結果がでなくなり悩み落ち込んでいる選手に対して

「お前はスランプじゃない。
スランプは上手い選手が結果を出せない時に使う言葉だ。
お前はただ下手なだけだ。結果が欲しければ練習して上手くなれ。」

これを言われた選手は今まで以上に「見返してやる」と練習して
どんどん結果を出していきました。



結果が出た時コーチはこの選手にたいし
「よくスランプ脱出できたな。」

と言ったそうです。

↑ページトップへ

images