強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

ポジションと性格の関係性について


野球には9つのポジションがありますが
ポジションによって「こんな性格の人が向いている」
というのはあると思いますか?


これは「ある」とも「ない」ともいえません。 しかし息抜きと思い自分のチームはどうかな?
というくらいで読んでください。


ピッチャー、キャッチャー、内野手、外野手
に分けて考えたいと思います。



【ピッチャー】

ピッチャーは一番目立つポジションです。
このポジションをやりたがる選手は、目立ちたがり屋が多いです。
みんなが注目する所で、自分をアピールしたいという人で
自信家なので、「キャプテンは俺だ」と思いこんでいます。
しかし、キャプテンに必要な責任感があまりなく、わがままです。


【キャッチャー】

キャッチャーはグラウンド内の監督代理です。
ピッチャーの調子、相手バッターを考えるだけでなく
守備位置など、一人だけ違う角度からグラウンドを見ます。
そんなキャッチャーをしたがる選手は「縁の下の力持ち」な人です。
キャッチャーはみんなをまとめることができ、リーダーに向いています。
しかし、1番力を出せるのは、リーダーを支えることかもしれません。
チームも中心選手なことは間違いないでしょう。


【内野手】

内野手は攻守の要です。
このポジションは、注目を浴びたいと思っています。
普段でも目立つというのではないのですが
ファインプレーをすると一気に注目の的です。
このような見せるプレーをしたいと心の中でいつも考えています。
そんなプレーをして注目を集めたがり、でしゃばりです。
しかし、ミスをしても気にしない、めげない人ともいえます。


【外野手】

外野手で大事なことは、守りより攻撃です。
打者として活躍をしたいという人が外野手に行きたがります。
とくにバッティングが好きで、多く打席に立ちたいと思っています。
活動的ですが、飽きっぽいかもしれません。
短気で、努力や地道に、ということを嫌う傾向にあります。



いかがでしょうか?

もちろん当てはまる人も、全く違う人もいます。

しかし、もしポジションの変更を考えているのであれば
このような性格などでも判断してみてください。


↑ページトップへ

images