強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

上からたたけ



「上からたたけ」とよく言われませんか?
バッティングでのスイングの仕方でのアドバイスですね。


まずスイングにはダウンスイング、レベルスイング、アッパースイング
と3つのスイングがあります。


どの打ち方もメリット、デメリットがあり
絶対に打てないということもないし
逆にこれだと打てるというのもありません。



しかし少年野球では、上からたたいてください。
ダウンスイングですね。


今ネットなどで調べると
上からたたけは間違えている。古い。
レベルスイングがいい。


という理論が多く出ています。
しかし上からたたき、まずダウンスイングを覚えてください。


レベルスイングを最初からしてしまうと
バットが遠回りしてしまうことが多いのです。

間違えてはいけないのが
「上からたたく」「ダウンスイング」を
「大根切り」と勘違いしないでほしいのです。

意識してほしいことは
バットが肩あたりからヘッドが立った状態で出ていくということです。


レベルに振ろうとするとヘッドが下がってしまうことが多くあります。
また「ドアスイング」にもなりやすく

「ブンッ」というスイングではなく
「ブゥゥン」というスイングにもなりかねません。


レベルスイングが間違えているのではありません。
正直なところあっています。

しかしそれは高校野球以上の野球のレベルになってからです。
小学生のうちはしっかり基本を身に付けてください。

その為にもしっかりとした「ダウンスイング」を覚え
きれいなスイングを心がけてください。



そのスイングができてからこそ「レベルスイング」や
「アッパースイング」を試してみるといいでしょう。

あと一つ覚えていてほしいことは
自分で意識したスイングと他人からみたスイングは違います。

自分がいくら上から叩いていても
指導者がみて下から出ているとおっしゃれば
下から出ているのです。

一度ビデオなどに撮って自分で見てみるといいでしょう。



↑ページトップへ

images