強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球でのサインプレーについて


野球の試合の攻撃中は
監督やコーチが1球ごとに指示を出します。

そうでないチームや年代もあると思いますが
ほとんどがそうでしょう。

その指示の伝え方が「サイン」です。

これには、ある程度のレベルになると
「ブロックサイン」
というものが用いられます。

比較的多いのは
「キー」と呼ばれる体の場所を決め
そのキーの次に触った場所が
実際に行う「作戦」という形でしょう。

例えば「キー」が「帽子のつば」で
バントが「ベルト」だとすれば
監督やコーチは

「胸」→「帽子」→「ベルト」→「腕」

といった順番で手を動かして
選手にバントの指示を伝えます。

できる限り、相手に作戦を見破られないように
という工夫のひとつですね。

チームによっては、試合中にキーを変えたり
実行する作戦を
「キーの次の次に触ったところ」
としていたりもするでしょう。

監督やコーチは
複雑すぎず、それでいて簡単にもなりすぎないよう
いろいろとサインの出し方を考えているものです。

特に「複雑すぎず」というのは
少年野球においては大事なところです。

そのサインプレーで一番怖いのは
言うまでもなく
「サインの見落とし」
です。

サイン通りにプレーが実行されて、
それで失敗に終わるのは仕方がない。
でも、プレー自体が実行されないと
野球のチームプレーが成り立たなくなります。

その見落としを防ぐため
選手はワンプレーの合間
ベンチの指示に集中する必要があります。

監督やコーチも、サインを出すタイミングに
気を配る必要があります。
このタイミングには
チーム全体の意思統一も大切となるでしょう。

例えば、サインを出すのは
「相手の捕手から投手へボールが返ったタイミング」
といった決まりごとを徹底しなくてはなりません。

また、選手側は
「指示が伝わったら、帽子を触ってベンチに伝え返す」
などといった取り決めも有効的です。

そして何より、実戦形式の練習で
サインプレーの確認を行うことが大切です。
練習なら何回でもやり直しができますし
プレーを止めて再確認することも簡単にできます。

サインの見落としは
決して選手だけの責任ではありません。

選手たちがサインプレーに溶け込めるよう
普段の練習から、指導者たちにも工夫が求められます。

↑ページトップへ

images