強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

逆らわないバッティングの基本

野球中継を見ていると、よく解説者が

「ボールに逆らわずにうまく打ちましたね」

と言いますよね。

特に、流し打ちでヒットを打った時に
よく使われると思います。

でもこれ
「内角を引っ張ってヒットにする」
のも同じことなんですね。

内角のボールを無理に流そうとしても
詰まった打球になりますし

外角のボールを無理に引っ掛けても
ボテボテのゴロになることが多い。
バッティングとは
「ピッチャーが投げるボールの勢い」

「バッターが振るバットの勢い」
を反発させて、はじめて強い打球が飛ぶものです。

つまり

「ボールに逆らって打つ」

の基本とは

「ボールの勢いを活かさずに打つ」

ということなのです。

ではなぜ
「内角は引っ張って」
「外角を流す」
のが、ボールに逆らわずに打つことになるでしょうか?

これには

「ミートポイント」

が関連しています。

内角球をバットの芯で捕える場合
どうしても、ミートポイントは
ある程度、前の位置となります。

結果的に打球は
(右打者でいう)レフト方向へ飛ぶことが多くなります。

ちなみに、これが振り遅れて
ポイントが後ろに押し込まれた状態を
「詰まる」
と言うわけです。

一方、外角球の場合
ミートポイントが前になると
バットの先っぽに当たってしまいます。

だから、少し手前に引き付けて打つことになります。
すると打球は
いわゆる「流し打ち」の形で飛んでいきます。

ピッチャーが投げる球は
芯で捕えてはじめて
その勢いを弾き返せるのです。

バットの根っこや先っぽで当ててしまうと
ボールの勢いを活かすどころか
勢いに負けてしまうわけですね。

こういった

「逆らわないバッティング」

を身に付けるためには、もちろん
日々のバッティング練習の積み重ねが大切です。

それも、やみくもに基本練習を重ねるのではなく
「1球1球考えながら」
打つことが必要なのです。

バッティングの練習方法はいろいろですが
これはすべての練習に共通することだと言えるでしょう。

バッティングの基本を身に付けて

「自由自在に打ち分けられるバッター」

になってもらいたいと思います。

↑ページトップへ

images