強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

センター返しを意識するバッティング練習


プロ野球を観戦していて

「きれいなヒットだなぁ」

と感じるのは、ピッチャーの頭を越えて
センターに抜ける打球です。

「センター前へクリーンヒット!」

なんて実況がくっついてきますよね。

このセンター返しは
バッティングの基本と言っていいと思います。

単純に考えても
真正面から向かってくるピッチャーの球を

「まっすぐに打ち返す」

というのは、とても自然なことだと思います。

キャッチボールは真正面の相手に投げる。
トスバッティングも真正面の相手に打ち返す。

野球の基本には

「真正面へ」

という要素が詰まっています。

この

「センター返し」

という技術。
これを身につけるために大切なバッティング練習。

それは先ほど少し触れた

「トスバッティング」

ではないでしょうか。

ゆるい球を投げ手の相手に打ち返す。

コースが多少、高低や内外にズレても
バットをうまくコントロールして
とにかく正面に打ち返す。

この基本が身につかないことには
試合では

「たまたまのセンター返し」

しかできないと思います。
長期的に考えると、この

「たまたま打てた」

というのはやっかいなものです。
勘違いしてしまいますからね。

また、トスバッティングでは

「ヒザの使い方」

「やわらかい手首の使い方」

なども身につきます。

私は少年野球選手だったころから
あらゆる野球の基本練習の中で
このトスバッティングが一番好きでした。

「これだけはチームの誰にも負けない」

という気持ちで取り組んでいました。

トスバッティングがうまくなると
ミート力を磨くことができ
結果的に

「三振の少ないバッター」

への道に繋がります。

そして、トスバッティングの応用で
センター返しのヒットを打てた時は
本当に気持ちが良かったものです。

試合中に練習の成果が実感できる。

野球選手として
これほど嬉しいことはありません。

だから、少年野球の子供たちにも
トスバッティングに限らず
基本の練習を積み重ねてもらいたいと思います。

コーチや周りの誰かのためではありません。

「自分のために」

です。

↑ページトップへ

images