強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

体の軸を意識するバッティング技術

プロ野球の一流バッターにも
いろんなフォームの選手がいます。

少年野球のバッティングの基本とは違って
ミートポイントをギリギリまで引きつけるのは

「プロのホームランバッター」

ならではのフォームです。

これ、バッティングの基本が
高いレベルで身についていないと
振り遅れか詰まるだけです。

最初から話は少し逸れましたが
いろんなフォームの選手がいる中で
プロ野球の一流バッターに共通していることがあります。

それは、スイングの時に

「体の軸がぶれない」

ということです。

「スイングの速さ」

はバッティングの中で大切な要素ですが
スイングが速く力強いということは
それだけ

「全身がぶれやすくなる」

ということに繋がります。

全身がぶれると、当然
ミートの正確性は低くなります。

その「ぶれ」を抑え
全身に安定感をもたらすものは

「強い下半身による安定感」

です。

つまり、一流バッターとは

「鋭いスイング」



「安定した下半身によるぶれない軸」

の二段構えで成り立っているわけです。

少年野球のバッターも
走り込みなどによって
下半身を鍛えることが必要となります。

また、ノックや走塁など
他の基本練習でも
確実に下半身は強くなります。

そして、そもそもの基本として

「体の軸」

というものを意識しなくてはなりません。

構えた両足の真ん中あたりから
頭のてっぺんまで

「1本の棒」

が貫いているような感覚。
この棒をまっすぐ
できるだけ垂直に保つ意識です。

回転しているコマが倒れないのは

「軸の棒がまっすぐだから」

なんですね。

バッティングも腰を中心に
必ず体を回転させますから同じことです。

この軸が前に傾くと

「前に突っ込むバッティング」

になりますし
後ろに傾けば

「ヘッドアップ」

になります。

軸の傾きやぶれがクセになると
なかなか修正が難しいものです。

だからこそ
まだ選手歴の浅い少年野球のうちに

「ぶれない軸」

のスイングを身につける必要があるのです。

「正しい理論に基づいたバッティング練習」



「基礎体力の強化」

この両方が揃ってはじめて
優秀なバッターが生まれるのです。

↑ページトップへ

images