強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

逆シングルで捕る少年野球の守備

守備の基本は「体の正面で捕る」です。

守備の目的は「相手ランナーをアウトにすること」です。

冒頭からなぜ
この二つを並べて書いたかと言えば

「すべての打球を基本の形だけでアウトにすることはできない」

からです。

ちょっと矛盾した話ですが
基本を守りすぎた結果
大事な目的を果たせないことは多々あります。

つまり、内野ゴロの処理で
何でもかんでも正面に回って捕ろうとすると
どこか無理な体勢になったりします。

特に両サイドへ飛んだゴロだと
捕った後すぐ1塁へ投げることを踏まえて
逆シングルで捕った方がいい場合があります。

確かに、定位置に近いゴロでは
しっかりと正面で捕った方が良いでしょう。

実際、正面の打球が捕れない選手が
逆シングルで捕球できるとは思えません。

だから、どんなプレーでも基本は大切です。

しかし、特に少年野球の守備練習などで
子供たちに対して無理に

「正面!正面!」

と求めすぎると
どこかで無理が生じるケースが出てきます。

その結果
基本には忠実だけど

「実戦向きではない選手」

になったりします。

応用が利かない選手になってしまう
とも言えます。

これは指導者の責任でしょう。

幼い子供たちほど
律儀に言いつけを守ったりするものです。

つまり、正面だけが基本で

「逆シングルは基本から外れたプレーだ」

というイメージを植えつけてはいけないということです。

大切なのは
その打球ごとに応じて

「アウトにするための最善の形」

を選択することなのですから。

正面で捕れる打球を逆シングルでさばく必要はありません。

でも

「その逆もしかり」

ということです。

繰り返しになりますが
守備の目的は

「ランナーをアウトにすること」

です。

フライと違って、ゴロは
グラブに入れるだけではアウトになりませんし
「捕る」ことが最終目的ではありません。

いかに次のプレーに素早く移ることができるか。
そこまで考えて捕る必要があります。

「試合のための練習」

であり

「目的のために基本がある」

ということです。

↑ページトップへ

images