強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球のバッティングの悩み…アッパースイング

スイングの悩みについて考えるコーナー!

全く持って恒例のコーナーではありませんが(笑)
今日は意外と多くの人が悩んでいる「アッパースイング」についてのお話です。

少年野球は、ある程度の個性は重視されたうえで、なるべく基本に沿って行うべきものです。

頭と体が柔軟なうちに、変な癖のない基礎を身に着けることは、後々個性のあるスイングやフォームを自力で作る芯になります。

今日取り上げるのは「アッパースイング」です。

アッパースイングしたから上へと振り上げる形のスイングです。

スイングにはアッパースイング以外に、ちょうどいい軌道のレベルスイングと、上から打ち下ろすような形のダウンスイングがあります。

アッパースイング自体は悪いものではありませんが、マスターするにはかなりの努力を要します。
メジャーリーグではこのフォームで成功している選手が何人もいますが、日本人では少ないのがその難しさを表していると思います。

下から打ち上げるために、小さな子供たちにとっては、むしろ球が飛びやすいために、癖としてついてしまうことが多いようです。

またバットが重すぎるのもアッパースイングの原因になります。
子どもの様子をよく確認して、バットに振り回されているようでしたら、軽いバットに変えて練習してみてください。

アッパースイングの子供は重心が後ろにかかって体が反り気味になっていることもあります。
坂道で下り方向に顔を向けて素振りをするだけでも、重心が後ろに下がりすぎるのを防ぐことができるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

↑ページトップへ

images