強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

野球のことを毎日考えていますか?

このブログを読んでいる大人のみなさん、 自分が子どものころを思いだしてみてください。

将来、なりたい夢はなんでしたか?
学校の先生、大会社の社長、弁護士、漫画家、飛行機のパイロット……

きっといろんなことを考えていたと思います。

そのために努力して、実際に夢を現実にかなえた人だっていらっしゃるかと思います。

そして野球をやっていたら 「プロ野球選手になりたい!」と夢見たって おかしくありません。

ただし、プロ野球選手になるには、ほんのひと握りの選ばれた人しかなれません。

小学校から始めて、中学、高校、大学、社会人と成長していけばいくほど、「自分よりすごい、とんでもないヤツ」と出会うかもしれません。

そこで負けてしまうのか、努力して勝とうとするのかはその子の考え方次第ともいえますが……

ではそうした人との差はどこにあるのでしょう?

私は「野球のことをつねに考えつづけているかどか」だと思っています。

たとえばテレビゲームがものすごく上手な子は、 誰よりもそのゲームに熱中していて、やりこんでいるもの。

これは野球にも同様のことがいえるのです。

うまくなるということは、 「ずーっと、そのことを考えている」ということとイコールで結びつくわけです。

たとえばグラウンドに出て野球をするのは週末だけで、 平日は学校から帰ったら、友達と遊んで、ゲームをして、 宿題をして今日はおしまい、だったらどうでしょう?

もちろん勉強はとっても大事です。

子どもにとって、お父さん、お母さんのお仕事と同じくらいの意味を持つほど大切なことです。

でも好きなはずの野球を週末しかやらなかったら? それでいて、
「どうしてもうまくならないんです。どうしてでしょう?」

と聞かれても……。

うーん。

うまくならなくて当然なのです。

なにもしなくても、「うまくなりたい」と思っているだけでうまくなるのであれば、プロゴルファーであれ、サッカー選手であれ、なんでもなれることになります。

でも現実はありえませんよね。

成功した人は、それだけの努力を積み重ねているのです。

それをずっと続けているからこそ今がある。

やり続けたという積み重ねを抜きにして、「望む何か」を 手に入れることなどできないのです。

↑ページトップへ

images