強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球のバッティングの悩み〜三振を怖がる〜

少年野球のバッティングの基本(特に低学年の内)は、
振る!振る!振る!です。

見逃し三振なんてもってのほか、フォアボールもできれば避けたいものです。


ですが子供たちの中には、三振を怖がってしまい、なかなか試合でフルスイングすることができない子もいます。

そんな時はどうしたらいいのか、それが今日のテーマです。


数試合の間、三振を一度もしていない。

そう耳にするととても良いことのように思えます。

ですが必ずしもそうではありません。


三振をしていないということは以下のどちらかの状態です。

・バッティングの基本がしっかりしていてヒットを量産している

・三振することにビビりすぎてフルスイングできていない

前者であればもちろん心配はいりません。

ですが少年野球(特に低学年)では多くが後者です。

このタイプのわかりにくい点は、それなりにヒットが出ているということ。

スイングが消極的で、ただ当ててるだけ。

そんな兆候が見られるときは、ぜひ「三振してこい」と声掛けをしてあげてください。


真面目な子ほど「失敗してはいけない」「三振したらガッカリされる」とプレッシャーを感じているものです。


少年野球の本質は勝ち負けではありません(もちろん勝ち負けが重要なこともあります)。
三振してもいい、そのせいで点が取れなかったとしてもいい。
思いっきりやることが大事だ!ということを教えてあげる必要があります。

三振してもフルスイングしていれば褒めてあげましょう。

選球眼が養われ始める年ごろには、フルスイングを続けてきた効果も表れるはずです。

↑ページトップへ

images