強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

相手チームの4番バッターを打ちとるために必要なこと


「4番バッターの役割はなんでしょう?」と質問すれば、
「ランナーを返すこと」
「長打を打ってチームに勢いを与えること」
たいていはこんな答えが返ってくるものです。

はたして本当にそうなのでしょうか?

たとえば3回裏ノーアウトランナー1塁の場面で4番バッターを迎えたときには、監督は自由に打たせるかもしれません。

けれどもこれが最終回でノーアウトランナー1塁の場面だったらどうでしょう?

接戦で負けている状況でしたら、ヒットエンドランや送りバントだってあるかもしれません。

ベンチからサインが出なくても、4番バッター自らの判断であえて大きいのを狙わずに、右におっつけて1、2塁間を抜くことだってあり得るでしょうし、それが成功すれば1、3塁にチャンスを広げることだって可能となるのです。

このようなシミュレーションを繰り返しながら打席に臨む4番バッターだって、実際にはいるのです。

ピッチャーはその日の自分の好不調だけでピッチングをしているだけでは、必ず痛い目にあいます。

とくに相手チームの中心である4番バッターを迎えたときには、塁上にランナーがいるかいないか、カウント、得失点差、
さらには風の向きや強さ、湿気の気象条件も打球に影響を与えますから、あらゆる状況を考え、そして打席でどんな反応をしているかを読み切ることが大切です。

それにはあらかじめ用意された答えなどなく、マニュアルだって存在しません。

そのためにはキャッチャーとともにバッターを観察し、お互いどう考え、感じたのかを徹底的に情報交換をするべきです。

そのときにお互いの考え方が一緒だったらどうやって打ちとればいいか、その攻め方について話し合えばいいのですが、

「オレの目から見て、あの4番はチームバッティングに徹しようとしていたよ」
「いやいや、あのスイングは振り遅れていただけだ」

……などとお互いの意見に違いが出たときには、次の打席では慎重に攻めていく必要があります。

4番バッターが打つかどうかで試合の流れが左右するのはよくあることです。
そのために打席でのスイングはもちろんのこと、スタンス、タイミングのとりかたなどにも気を配ることでいち早く「打ちとるためのヒント」を見つけることが大切なのはいうまでもありません。

ひと昔前、ピッチャーが絶体絶命に陥ったときや、もう投げる球がないというときに、「ナントカの一つ覚え」ではありませんが、「アウトコースの低め」が合言葉になったことがあります。

そもそも「アウトコースの低め」というのは、「そこへ投げておけば、たとえヒットは打たれてもホームランにはならない」というのが最大の理由でした。

よくテレビで、「インコースを見せておいて、アウトコースを振らせて打ちとる」と解説者の方がいっているのを聞いたことがあるかと思います。

これはアウトコースだけで勝負するのではなく、インコースへの厳しい攻めがあるからこそ、次のアウトコース低めへの攻めが有効になってくるという理屈です。

その結果、空振りをするか、凡打になるかいう結果になり、
ピッチャーの攻め方として“常識”のようにいわれてきました。

しかし、今はそうした攻め方は通用しなくなりつつあります。

「インコース後のアウトコース低め」は、バッターにはお見通しで、完全に読み切られてしまっています。
ですからセオリー通りに攻めても、「次はアウトコースだな」とヤマを張られるので、思い切り踏み込んで強振されてしまいがちです。

とはいえ、アウトコース低めはバッターに対して有効ではないのか、といえば、そうともいいきれないのです。

アウトカウントやボールカウント、ランナーが塁上にいるかいないか、得失点差やバッターの性格などを冷静に判断し、「どういう状況でアウトコース低めに投げれば有効か」と考えながらピッチングすることによって、
アウトコース低めは“毒ではなく薬”へとなるわけです。

ですからキャッチャーは、「インコースに投げたら、次はアウトコース低めだ」
と安直に考えてはいけません。

むしろ、
「インコースを1球投げたら次もインコースにいこう」と勇気をもって、もう1球インコースを続けたら、
バッターは「あれ? アウトコースじゃないな」
と迷いだします。

そうなればバッテリーとしてはしめたもの。
次にアウトコース低めに投げれば、凡打に打ちとれる可能性が高くなる……

これこそが「配球の妙」なのです。

↑ページトップへ

images