強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

優勝チームに好投手あり

試合で勝てるチームとは、「よい投手がいること」が第一の条件です。これは間違いありません。


どんなに打撃がよくても、しょせんは水もの。

打撃にばかり力を注いで、投手や守備の練習がおろそかになるチームは、勝ち抜くことができません。


高校野球の甲子園大会を考えてみてください。

優勝チームには、必ずといっていいほど、プロ野球の球団から指名がかかるような好投手がいる場合が多いではありませんか。


「優勝チームに好投手あり」というのは、昔から甲子園を勝ち抜くためにできた格言のような言葉ですが、これは実に真理をついています。


ですから、少年野球の指導者のみなさんも、チームを勝たせたいとお考えのようでしたら、まずは投手を育成することをおススメします。


投手を育てるには、指導者の根気と投手の真剣な取り組みが必要となってきます。


いずれにしても、指導者は長い時間をかけて指導し、投手は辛抱強く練習を続けていくことが大事なのです。


そのためには、まずコントロールを磨かせてください。


次に打ち取れるボール、いわゆる勝負球を磨かせます。

勝負球とは打ち取れる可能性の高いボールのことですが、時には打たれることだってあるでしょう。


それでも、大事な場面で自信を持って放れるボールというのを身につけておけば、「オレはこのボールで打ち取れる!」と自信につながることは間違いありません。


勝負球の球種はあればあるほどよいに越したことはありませんが、最低でも2種類はほしいものです。


1つは曲がる系のボール、もう1つは落ちる系のボールがあれば、投手として合格といえます。


こうした勝てる投手を作るには、チーム内で投手候補の子を練習で鍛え、練習試合などの実戦に近い場で場数を踏ませることが大事です。


野球はとりわけ予期せぬプレーがつきものです。


どんな状況においても動じない強い心を植えつけさせるためには、練習と実戦で自信をつけさせてあげることが大切です。

こうしたところまで指導者は考え、チームを勝利に導かせるための

指導が必要なのは、いうまでもありません。

↑ページトップへ

images