強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球でバッティングのコツをつかむ方法

打つ動作の基本となる動きは、身体の軸を回転させてバットを出すことです。

1本の軸が、お尻の穴を通ったような状態で身体を回転させます。


……と文字にすると

このような流れになるわけですが、初めてバットを握る子にとっては

「???」となってしまうはずです。


そこで大事になってくるのが、基本となるバットスイングの動きを、きちんと教えてあげること。


たとえば、イスに座った状態でボールを打たせてみるのも、こうしたスイングのコツをつかむための一つの方法です。


この場合のイス選びもポイントで、できればイスの足元に滑車がついて、座席が回転するものがよいです。


まずイスに座らせて、いろいろなコースにボールを投げて打たせます。

インコース、アウトコース、高め、低め……


このような状態でバットを振らせると、コースによってバットのどこに当てたらよいかもわかります。

たとえば立ったまま、普通にスイングチェックをしていますと、インコースのボールをスイングした際、ほとんどの指導者は

「身体の前で打ちなさい」

「前でボールをさばくようにしなさい」

とアドバイスすることが、
ほとんどではないかと思われます。

ところが野球少年たちからしてみたら、
「えっ、前ってどこ?」
「どういう動きをすればいいんだろう・」
と、その言葉の意味を
頭と体で理解できないため、とまどい、悩んでしまうものです。


そこでイスに座らせたままでスイングさせると、

身体の動きが制限されてしまうために、

インコースのボールにバットを

当てる箇所がわかるようになります。

「あっ、『前でさばく』ってのは、こういう意味だったんだ!」

ということも、意外と早く、簡単に理解するようになるのです。けれどもこれが立ったままの状態でスイングを続けると、身体が前後にぶれて動いてしまったり、 あるいはボールを身体にぶつけながら前でさばくことを続けざるを得なくなり、

その結果

「ボールを怖がってしまう」
ということにだってなりかねません。

これでは、「インコースのボールは前でさばく」という意味を理解できずに、

インコースにボールが来たら、
とっさに腰を引いて逃げてしまうばかり……
なんてことだってあり得ます。

イスに座ってのスイングチェックの方法は、
「遠くに強く打つ」
必要などありません。
コースや高さに応じて打つタイミングや
ミートポイントを教えてあげるのに
効果的な方法だともいえます。

↑ページトップへ

images