強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球においてもキャッチャーの役割は重要である



今の野球では、キャッチャーの役割がたいへん重要になってきます。
もちろん、これは少年野球でも同様のことがいえます。

ピッチャーはバッターのすべてが見えるわけではありませんし、
いつも同じコンディションでボールを投げられるわけではありません。

同じボールでも、その日の好不調によって、ウイニングショットにもなれば、バッターからしたら、なんてことはない絶好球になってしまうことだってなり得ますから、キャッチャーがピッチャーのその日の調子を正確に把握して、

「今日はどのボールをピッチングの軸に組み立てるべきか」
「どういう球がポイントになるか」

の判断が、キャッチャーにとって重要になってきます。

たとえばピッチャーの調子が絶好調であれば、
ノーアウト満塁の場面でも、
ど真ん中にストレートを要求することだってできるかもしれない。

バッターからしてみれば、
「まさかそんな甘い球を投げてこないだろう」
と考えているでしょうし、そのど真ん中のボールが威力があったら、
「えっ、絶好球だぞ!?」
と驚いたバッターが、あわてて振ってしまって、
打ち損じさせることだってできるでしょう。

無論、このような攻め方ができるのも、
キャッチャーがピッチャーの状態とバッターの力量を
正確に判断できているからこそであって、
試合におけるキャッチャーの役割は、
たいへん重要になってくるのです。

また、キャッチャーのリードは、
必ずしもピッチャーにいろんなボールを投げさせ、
バッターに的を絞らせないということだけではありません。
同じボールを続けて投げさせることだって、リードには必要なことです。

バッターに「また同じボールが来るかもしれない」と
迷わせることができればしめたもので、その迷いがスイング鈍らせ、
凡打にさせることだってできるのです。

そしてファールがバックネット方向に一直線に
向かったときは要注意のシグナルです。

このファールはバットスイングと
ピッチャーの投げたボールの速度の間合いが
かなり合っている証拠ですから、
もう1球、同じボールを続けてしまうと、
痛打される危険性をはらんでいます。

このようにみていくと、たった1球のファールであっても、
バッテリーにとっては大切なデータになります。

キャッチャーは即座に、
「このファールはタイミングが合っているのか、そうでないのか」
を判断し、ピッチャーが次に投げるべきボールを選択させる役目を
果たさなければなりません。

↑ページトップへ

images