強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球の野手のゴロの捕り方の基本



ゴロを捕る動作は、モノを拾う動きが基本となります。

こういうと

「えっ、どういうことですか?」

と聞きたくなるはずです。


通常、指導者がゴロを捕る動きとして真っ先に教えるのが、

「腰を落とせ」

「ひざを曲げなさい」

この2つです。


そのためにストレッチをさせて柔軟性を高めたり、捕る際の「型」を作らせて指導したりすることが往々にしてあります。


でももっとシンプルに考えたって、いいはずなんです。


ゴロを捕る動作=モノを拾う動き

としたのにも理由があります。


落ちているモノを拾うときには、


まず目でモノを見ます。

そしてヒザを曲げながら手を伸ばし、

腰を下ろした状態で拾います。


このことを、ゴロを捕る動きに照らし合わせたらどうでしょう。


まず打球が飛んできます。

次にボールをよく見て、

ボールの捕れる位置まで移動し、

腕を伸ばしながらヒザを曲げ、

腰を下げていきます。


すると、自然とヒザが曲がり、

腰が下りた姿勢になるのです。


このような指導をされている指導者は、

はたして全国でどのくらいいるでしょうか?


「野球に必要な動き」は、

なにもすべて野球から覚えようと

することなどないのです。


野球以外の遊びや、

日常生活における動作などをヒントに、

指導する方法だってあるんです。


その一例が「ゴロの捕り方」でしたが、

日常生活のなかでの動きだったら、

普段から身体が覚え慣れている動作ですから、

子どもたちだって割合身につきやすいはずです。


それを

「腰を落とせ」

「ヒザを曲げなさい」

と指導すると、

なんだかきゅうくつで

難しく思えてきてしまいますよね。

とらえかたによっては、

「わあ、痛そうだな……」と

ため息を漏らす子だっているかもしれません。


野球における守備、

とりわけゴロを捕る動きは

野球の基本中の基本ですが、

難しく考えすぎてはいけません。


日常的に使う動きに置き換えて伝えていけば、

「なんだ、そういうことか」と

子どもたちも納得しやすいのではないだろうか、

私はそのように考えているのです。


↑ページトップへ

images