強打者にグッと近づくスラッガーへの道7つのポイントプレゼント!

少年野球の投手のコントロールをよくする方法



よく野球少年たちから、
「僕はチームでピッチャーをやっていますが、
どうすればコントロールがよくなりますか?」
という質問を受けます。



聞けば試合でスムーズに投げていても、
突然、コントロールを乱してフォアボールを
連発してしまうこともあるとのこと。
こうした問題点を解消したいんですというのです。


これって特別珍しいことではありません。
珍しくないどころか、
身体のできていない少年時代でしたら、
多かれ少なかれ、
むしろよくあることではないでしょうか。


とはいえ、コントロールをよくする方法についていいますと、
急激に改善できるものではありません。
大切なのは、「継続して練習に取り組むこと」。


その一つに挙げられるのが、足腰を鍛えることです。


やはりピッチャーの基本は下半身。
足腰がしっかりしていれば、体がブレずに投げられます。


「走るのは苦手、しんどい」と思う野球少年にとって
つらいことかもしれませんが、つらいトレーニングほど
後になってから効果が表れるもの。


とくに身体が成長途中にある野球少年たちにとって、
まずは走りこんで土台を作ったほうがよいでしょう。


そしてもう一つ大事なのがキャッチボール。
相手の胸をめがけて、とりやすいボールを投げてください。
これもピッチングにおけるコントロールをつける力となります。


さらにキャッチボールの距離を伸ばして遠投をやってみると
いいでしょう。
なぜなら、「遠投の距離」と「ボールの投げるスピード」は
比例していくからです。


このときに大切なのが、
単に距離を伸ばして遠くに投げるだけではなく、
下半身を使ってライナー気味の強いボールを投げるように
してみてください。
遠くに力のある強いボールを投げることによって、
スピードアップにもつながります。


何度もいいますが、コントロールをよくするには
「継続は力なり」――この言葉を念頭に置いて、
コツコツ毎日の練習の取り組むようにしてください。
続けていくことで、やがて効果が表れていくと、私は断言します。


↑ページトップへ

images