少年野球のピッチングフォーム指導

Pocket

少年野球選手のピッチング指導

001

少年野球において
バッティング指導と同じか
それ以上に難しいのが

「ピッチングフォームの指導」

です。

IMG 0390

 

なぜ難しいかといえば
特に少年野球の年代では
ピッチングフォームの悪さが、そのまま
ケガに繋がってしまうことがあるからです。

バッティングフォームの場合、
おかしなフォームだと
「いい打球が打てない」
ということには影響しますが
それがケガに繋がるというケースは少ないと思います。

しかし、ピッチャーの場合
無理のある、おかしなフォームで投げていると
ヒジや肩に悪影響を及ぼす場合があります。

それだけ
「ボールを投げる」
という行為は身体に負担が掛かかるものです。

それでいて、いいボールが投げれていたりすると
余計にやっかいです。

本人も周りも気付かないまま
知らず知らずのうち、ヒジや肩に負担が掛かり
やがて大きなケガに繋がったりもします。

ここでも、やはり重要になるのは
「下半身の強化」
です。

下半身が安定していないと
どうしても、投球時
上半身に掛かる負担が大きくなります。

そして、下半身が鍛えられていれば
無理にコーチなどが矯正しなくとも
自ずと、ピッチングフォームは
その選手に合った、理に叶ったものに近付いてきます。

ピッチャーにとって最も大事な基本練習が
「走り込み」
と言われるのは、そういった理由なのです。

 

IMG 0417

 

もちろん、下半身が安定していても
おかしな腕の振り方をしていたり
全身の体重移動のタイミングが悪い場合もあります。

それは当然、監督やコーチが指摘して
できる限り修正するべきものです。

いろんな投げ方があるように思える投球フォームですが
やっぱり良いフォームには
すべて基本の線が通っています。

世の中には、せっかく素質があるのに
少年野球のころに覚えた悪いフォームのため
早い段階で故障してしまったピッチャーも多いはずです。

少年野球の指導には
大きな責任が伴います。

無理のない形で
子供たちの素質や能力を引き出してあげるよう
理論や工夫が求められます。

そういった指導のできる人が
本当の「名指導者」なのでしょう。

 

少年野球選手のピッチング練習はここで出来ます。

 

Muryou

 

Cou sogo

 

Voice


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ