ピッチャーが大事なのは「リズム」「バランス」「タイミング」

Pocket

ピッチャーが大事なのは「リズム」「バランス」「タイミング」

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

 

ピッチャーが投げるとき、大切なのは3つです。

 

それは「リズム」「バランス」「タイミング」。

 

プロのピッチャーは、レベルが高くなればなるほど、

力まかせにボールを投げたりしません。

 

IMG 0390 1

 

自分の身体をバランスよく支え、よい体重移動ができて

筋肉を生み出す力を上手にボールに伝えることができるか。

 

この違いこそが、いいピッチャーと

そうでないピッチャーとの違いともいえます。

 

 

つまり「リズム」「バランス」「タイミング」

の3つが崩れてしまうと、力の入った投げ方に

なってしまうのです。

 

 

よく少年野球の子どもたちを指導するときに、

「力を抜いて投げなさい」とアドバイスしますが、

これは言い換えれば、

「リズム」「バランス」「タイミング」

を整えなさいという意味なのです。

 

 

これができなければ、力を抜いて投げることなど

絶対にできないと、私は断言します。

 

 

子どものうちからこの3つは

身につけておくべきです。

 

プロのピッチャーですら、

これができないがために大成しない人は大勢います。

 

 

ではバランスのトレーニングはどうすればいいでしょう?

 

 

一番シンプルなのが、

キャッチボールの際、足を踏み込んで投げた後、

その踏み込んだ足一本で立ちます。

反対側の蹴り出した足はそのままにして、

絶対に地面につけません。

 

 

この片足の状態でグッと踏みとどまって一瞬静止し、

それから蹴り上げた足を後ろに戻して、

踏み込んだほうの足も自然に元の位置に戻ります。

これを繰り返していると、上下の身体の使い方がよくなってくるのです。

 

 

まさにバランスを意識したトレーニングといえるでしょう。

 

 

そしてボールを捕ってから素早く投げる練習をすると、

「リズム」のトレーニングになります。

 

 

リズムが悪ければ、素早く投げ返すことはできません。

 

 

最後の「タイミング」はボールを投げるときのことで、

「足を上げ、足が下りたら投げるほうの手を上げる」

ことをしっかり意識させることです。

 

「リズム」「バランス」「タイミング」

 

 

この3つのやり方と意味を覚えれば、

筋肉をバランスよく使えるようになるのです。

 

 

そうすると投げるたびに腕、肩、腰、下半身と

投げるために必要な筋肉がバランスよく鍛えられ、

必要な筋肉が身についてくるのです。

 

 

その結果、いいボールが投げられるように

なってくるのは言うまでもありません。

 

 

【関連エントリー】
ピッチング練習の基本 | Count 23 blog
球速を上げる少年野球のピッチャー練習 | Count 23 blog

 

 

無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ