少年野球のピックオフプレー

Pocket

少年野球のピックオフプレー

--今回の記事は過去の記事を再掲しています--

 

 

よくランナー1塁の場面になると

送りバントや盗塁を警戒して

キャッチャーがウエストボールを投げる場面があります。

 

少年野球試合

 

ウエストボールを投げさせるのは、

たとえばノーアウト1塁でという場面で、

キャッチャーが相手チームのベンチやバッター、

ランナーなどの雰囲気から察知し、

ピッチャーにサインを送ってウエストボールを投げさせる

ということが一般的かと思います。

 

 

けれども、このとき注意すべきポイントがあります。

 

 

それは、

「はっきりウエストボールだと

わかるように、大きく外しすぎないこと」です。

 

 

大きく外しすぎてしまうと、

1塁ランナーもすぐに帰塁してしまいますし、

またチーム内でもそうした練習はしてきています。

 

少年野球走塁

 

そこで現在は、あまりウエストせずに

アウトコースの低め、ストライクゾーンからボール2、3分

外側に外すように指示するのがよいと考えています。

 

 

また、インコースに厳しいボールを投げたり、

ピッチャーがクイックモーションで投げたりと、

バッテリー間で工夫をしているケースも

多々見受けられます。

 

 

このようなボールを投げると、

1塁ランナーは、すぐに帰塁する、

あるいは帰塁する体勢を作らなければなりません。

 

 

そのために日ごろの練習時から

1塁ランナーをつけて、

「バッテリーはどのコースに投げようとしているか」

を把握しておく必要があります。

 

 

さらに高度なプレーをする場合には、

ピッチャーがキャッチャーに投げて、

ファーストがダッシュしている間に、

セカンドが1塁に入って、

キャッチャーからの送球を受けて

帰塁した1塁ランナーを刺す、

というプレーも、練習を積めばできるようになります。

 

少年野球三遊間

 

これはピックオフプレーといわれるものですが、

このプレーは、バッテリー間だけでなく、

日ごろから内野手、とりわけファーストとセカンドとも

密に連携をとっておく必要があります。

 

 

どのカウントでセカンドが入るべきかも大事ですし、

そもそもピックオフプレーは1試合のうち

何度も実行すると、相手チームから警戒されてしまうので、

「1試合で1度、成功させればよい」

という意識を持って、

プレーしたほうがよいです。

 

 

ただし、相手チームが警戒して、

「容易には盗塁できない」

という状況を作り出すことも大切ですから、

「こういうプレーもできるぞ」と

あえて見せておくのも

一つの方法であるに違いありません。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ