少年野球の投手に駆け引きは必要?

Pocket

少年野球の投手に駆け引きは必要?

試合中

「少年野球の投手に駆け引きは必要なのか」

と、時々聞かれることがありますが、
必要ではないですが、できたらいいものだと考えます。

そもそも、駆け引きは必要無いという人は、
駆け引きを卑怯な手段と考えている人が多いようです。

イライラ

昔は甲子園で元巨人の松井さんが全打席敬遠され、
相手チームが大きな批判を浴びることになりました。

駆け引きについても、スポーツマンらしくない、
そのように考えたり、特に少年期にふさわしくない、
そう考えているような気がします。

しかし、野球の醍醐味のひとつは駆け引きです。

野球中継を見ていると、

「何であんなクソボールに手を出すんだ!」

と言ったりしますが、
プロ選手でも悪球に手が出てしまうのは、
駆け引きの結果だからなのです。

逆に素人目にもわかるくらいに打つべきでない球に、
プロ選手が飛びつくなら、その前後には、
駆け引きが展開されていたことになります。

少年野球ピッチャー

少年野球では、中学生なら変化球もありますが、
小学生では直球の速いか遅いかだけです。

加えて内外角や高さのコースで駆け引きをします。

バッテリーの駆け引きというのは、

「どのボールに手を出させるか」

であり、バッターにとっては、

「いかに狙い球を投げさせるか」

です。
こう考えると、駆け引きというのは技術なのです。

これをしないというのは、
全て力押しの直球勝負という、
プロ野球のオールスター戦のようになってしまいます。

これでは真剣勝負でもファンイベントであり、
投手によっては本来の力が出せずに終わります。

少年野球らしさは、技術も知恵も尽くして
全力を出すところにあるはずで、
ただの体力自慢をすることではありません。

少年野球キャッチャー

駆け引きはどんどんするべきだと思いますが、
少年野球ではあまり好まれない駆け引きがあります。

それは、審判への駆け引きです。

高いレベルの野球になると、審判に対しても、
どこまではストライク、ボールなのか、
それを試すような投球を要求するキャッチャーもいます。

少年野球では、ルールをコントロールするより、
ボールをコントロールしてほしいというのが
個人的な思いです。

対戦相手との駆け引きをぜひ楽しんでください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ