少年野球ピッチャーの内外の投げ分け

Pocket

少年野球ピッチャーの内外の投げ分け

ピッチャー

少年野球、特に小学生の学童野球においては、
変化球を禁止しているところが多いため、
投手の生命線は緩急とコースになります。

ボールの速さは体力や学年の影響が大きいですが、
練習次第でコントロールは年齢や体格に関係なく、
誰でも同じ土俵で勝負ができます。

内角・外角の投げ分けを上手にするためには、
どのようにすると良いでしょうか。

少年野球ピッチャー
まず、まっすぐにしっかり投げられること、
これが当然ですが最も大事なことです。

その上で、多少横にずらすことによって、
内角球や外角球が投げられるようになります。

一番簡単なのは、マウンドのプレートの位置を、
ちょっとずらして投げる方法です。

これなら自分がズレた分だけ、
内角にも外角にも投げられます。

ただし、すぐに相手にバレてしまうという欠点があります。

そのため、プレートの位置によらないコントロールが必要です。
コースは意識をすることによってコントロールできます。

逆に、それ以外の方法でコントロールしようとすると、
極端にコースが変わってしまったり、フォームを崩してしまい、
かえってコントロールが悪くなる場合もあります。

腕の振りや手首の使い方を変えてしまうと、
コントロールが悪くなるだけでなくケガの原因にもなります。

コースぎりぎりを投げるというよりも、
真ん中から少しずつずらしていく練習をしましょう。

少年野球ピッチャー
内角の後の外角、外角の後の内角というのは、
バッターにとっても嫌なものですが、
ピッチャーにとっても感覚が狂いやすいものです。

大事なところで自信をもって投げるためには、
普段から幅を使った投球を意識して練習してください。

真ん中から左右にずらす場合とは、感覚が違いやすく、
甘く入れば余計に打たれやすいので気を付けましょう。
また、自分のコントロールしやすい速度を覚えることも大事です。

ピンチになってから厳しいコースに全力の直球が決まれば、
それほどカッコイイことはありませんが、
力を入れている時とそうでない時は、
同じように投げたつもりでも同じ結果にはなりません。

投球練習の際は、何かを固定して、何かを動かすようにします。

スピードを固定してコースを変えるか、
コースを固定してスピードや球種を変えるかです。

あれもこれも変えると、練習の漏れが生じたり、
間隔がつきにくくなるので注意してください。
内外の投げ分けは地味な反復練習がモノを言います。

どんな球をどこに投げるのかをよく考えて、
意識によるコントロールができるよう練習しましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ